【アンメット ある脳外科医の日記】10話ネタバレ詳細。2024年6月17日放送を見逃した方へ最終回はいつか?

最終回はいつか?6月24日です!

【アンメット ある脳外科医の日記】10話ネタバレ

もくじ

【アンメット ある脳外科医の日記】10話ネタバレ

アンメット9話振り返り

第9話では、ミヤビの記憶障害の原因がついに明らかになりました。このエピソードは、視聴者にとって衝撃的で感動的な内容が盛りだくさんです。

理由としては、ミヤビが大迫教授に記憶障害の原因を尋ねる場面が描かれ、これまで隠されていた真実が明かされたからです。この場面では、ミヤビと大迫教授の緊張感が伝わり、視聴者の心を揺さぶりました。

具体例として、大迫教授がミヤビに「ノーマンズランド」という手術不可能な脳の領域に問題があることを告げます。この説明により、ミヤビの記憶障害が単なる事故や病気ではなく、非常に複雑な問題であることが判明しました。また、大迫教授がこの事実を隠していた理由が明かされ、視聴者に大きなインパクトを与えました。ミヤビと三瓶先生の過去の因縁も浮き彫りになり、ストーリーが一層深まりました。

アンメット10話あらすじ

『アンメット』第10話のあらすじを、ミヤビの視点から詳細に長文で書き直しました。


私は川内ミヤビ。記憶障害という病気を抱えながら、脳外科医として患者さんを助けるために日々奮闘しています。病気を抱えながら働くのはとても大変ですが、患者さんの命を救うために頑張っています。最近、アメリカから帰国した三瓶先生が私の病院にやってきました。彼はとても優秀な医師で、私のことを支えてくれています。

数週間前、私は自分の記憶障害の本当の原因を知るために、主治医の大迫教授に直接問い詰めました。私は自分の病気の原因を知ることが怖かったですが、それ以上に知ることの重要性を感じていました。大迫教授は、私の病気の原因が「ノーマンズランド」と呼ばれる脳の危険な部分にあることを教えてくれました。「ノーマンズランド」は、人間が手術で触れてはいけないほど危険な領域で、もし手術をすると命に関わるリスクが非常に高い場所です。そのため、大迫教授は今までそのことを隠していたのです。

私と三瓶先生は、大迫教授の話を聞きながら、自分たちの過去も思い出していました。三瓶先生と大迫教授は、昔同じ病院で働いていて、患者さんの治療方法についてしばしば意見が対立していました。二人とも重い障害を持つ家族がいて、同じような思いを抱えていましたが、選ぶ道は異なっていました。大迫教授は慎重なアプローチを取る一方で、三瓶先生は新しい方法を試みたいと考えていました。

第9話の終わりでは、私は突然三瓶先生に「ごめんなさい。どなたですか?」と尋ねてしまいました。私の記憶障害が一時的に悪化し、三瓶先生の存在を忘れてしまったのです。彼がどれほどショックを受けたか、今思い出しても胸が痛みます。幸い、この発作は短期間で収まりましたが、私は自分の病状がさらに悪化することを心配しています。

第10話では、再び一過性健忘という一時的に記憶を失う発作が起こり、再び三瓶先生が誰なのかわからなくなってしまいました。今回も発作は軽く済みましたが、大迫教授は三瓶先生に対して「ミヤビの病気は手術するにはあまりにも危険だから絶対に手を出すな」と強く言いました。

その数日後、画家の柏木周作さんが公園でてんかん発作を起こし、病院に運ばれてきました。周作さんは非常に悪性の脳腫瘍を患っていて、これまでの治療では治らない状態です。周作さんは次第にこれまでの記憶を失い始め、ついには最愛の妻である芳美さんのことさえも分からなくなっていきました。

周作さんの姿を見て、私は自分も将来何もかも忘れてしまうのではないかという強い不安に駆られました。私は患者さんのために全力を尽くしていますが、自分自身の病気に対する恐怖と戦うことはとても辛いことです。自分が記憶を失っていく未来を想像すると、どうしても心が沈んでしまいます。

一方、三瓶先生は大迫教授のもとで見た、私の脳のMRI画像を思い出していました。私の記憶障害の原因が「ノーマンズランド」にあることを再確認し、無理に手術を行えば命に関わる危険があると理解していました。しかし、このまま放っておけば、再発して同じ結果になるかもしれません。三瓶先生はこのジレンマに悩みながらも、手術の練習に没頭しているようでした。

ある日、私は三瓶先生に向かって決意を込めて言いました。

「三瓶先生、私は手術を受ける決意をしました。」

私の言葉を聞いた瞬間、三瓶先生の表情が大きく変わりました。彼の心が大きく揺れ動いているのがわかりました。彼は私の命を守るために最善の方法を探し続けてくれていますが、手術のリスクを考えるととても心配しているのが伝わってきました。しかし、私は自分の病気と向き合い、未来を切り開くために手術を受ける決意を固めました。

物語は残り2話となり、私と三瓶先生の運命がどうなるのか、視聴者の皆さんにもぜひ見届けてほしいです。私たちの選ぶ道がどのような結末を迎えるのか、そして私の未来がどうなるのか。三瓶先生の支えを受けながら、私は全力で未来に立ち向かいます。

アンメット最終回いつ

結論として、ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」の最終回は2024年6月24日です。この日が最終回となる理由を順に説明します。

まず、放送日程が計画的に組まれており、初回放送は2024年4月15日でした。毎週月曜日の夜10時から放送されており、全11話構成で進行しています。従って、第11話が最終回となることは、放送開始時から予測されていました。

次に、フジテレビ系列のドラマ枠「月10」の過去作品の傾向から見ても、全11話で完結するケースが多いため、「アンメット」も同様に全11話で最終回を迎えることが予想されていました。具体的には、2023年冬の「罠の戦争」や2023年春の「合理的にあり得ない〜探偵・上水流涼子の解明〜」などが全11話で放送されました。

以上の理由から、ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」の最終回は2024年6月24日と確定しており、この日がシリーズの完結日となります。視聴者は、この最終回で物語の結末を見ることができますので、最後まで見逃さないようにしましょう。

アンメットあらすじ

ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」は、主人公である川内ミヤビ(杉咲花)が記憶障害を患いながらも脳外科医として奮闘する医療ヒューマンドラマです。物語は彼女の失われた2年間の記憶を取り戻す旅と、医師としての再生を描いています。

ミヤビは、ある事故によって脳を損傷し、重い記憶障害を抱えています。この障害により、彼女は今日の出来事を翌日には忘れてしまいます。そんなミヤビが、アメリカ帰りの医師・三瓶友治(若葉竜也)の助けを借りて、再び脳外科医としての道を歩み始めます。三瓶の独特な方法や考え方に触れながら、ミヤビは次第に失われた記憶と向き合い、過去の出来事の真相を探っていきます。

物語の中盤では、ミヤビの主治医である大迫紘一(井浦新)が、彼女の記憶障害の原因について重要な事実を明かします。それは、脳の「ノーマンズランド」と呼ばれる領域に原因があり、手術をすれば命の危険が伴うというものでした。この衝撃的な事実に直面しながらも、ミヤビは医師として患者を救うために全力を尽くします。

物語は、ミヤビの過去の断片が次々と明らかになるとともに、彼女自身の成長と再生を描きます。最終回に向けて、ミヤビは自分の記憶を取り戻し、そして大切な人々との関係を再構築することができるのでしょうか。その結末に向けて、視聴者の期待が高まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

もくじ