『ミス・ターゲット 』最終回ネタバレ最新!結末まで松本まりかさんの美貌を見届けますよ。

https://twitter.com/misstarget_abc/status/1802339092715184422?t=en6B1oPFjwwW71uYcjiKNA&s=19
もくじ

『ミス・ターゲット 』最終回 ネタバレ最新!2024年6月16日放送

ミス・ターゲットの最終回ネタバレ

女優の松本まりかさんが主演を務めるABCテレビの全国ネット新ドラマ『ミス・ターゲット』の最終話が、2024年6月16日に放送されました。このドラマは毎週日曜日の夜10時から放送されており、松本まりかさんにとっては地上波全国ネットのゴールデン・プライムタイム連続ドラマで初めての主演作となります。

物語は、松本まりかさん演じる朝倉すみれが主人公です。すみれは、これまで数々の悪い男たちから大金を巻き上げてきた結婚詐欺師として名を馳せていました。しかし、そんな彼女が突然、結婚詐欺から足を洗い、本気で結婚相手を探す婚活を始めるというエンタメラブストーリーが描かれています。彼女の過去と新たな未来が交錯する中で、すみれの成長と愛の探求が物語の中心に据えられています。

最終話では、すみれの周囲に起きた出来事が一気にクライマックスを迎えます。物語の冒頭、すみれを茶野竜(後藤剛範さん)の襲撃から守り、大怪我を負った村松宗春(上杉柊平さん)が登場します。宗春は、緊急手術によって一命を取り留めました。すみれは、宗春の意識が戻ったことを見届けた後、病院を後にしますが、その際に竜太郎(沢村一樹さん)に遭遇します。竜太郎は厳しい口調で、すみれに宗春に近づくなと威圧し、すみれは困惑しながらもその場を立ち去ります。

病院では、宗春の意識が戻り、看病を続けている玉木萌(鈴木愛理さん)の姿がありました。萌の献身的な看病のおかげで、宗春は順調に回復していきます。一方のすみれは、自分の気持ちに整理をつけようとしています。そんな中、謝罪に訪れた轟武蔵(八嶋智人さん)から改めて愛の誓いを受けることになります。轟はすみれに対し、草津にある実家の温泉宿で一緒に働かないかと提案します。轟の一途な想いに触れ、すみれは深く考えた末に、ある決断を下します。轟は「返事は来世まででも待つ」とすみれに告げ、その真摯な態度にすみれは心を動かされます。

その一方で、宗春もまた新たな決意を固めます。彼は以前封印していた草餅作りを再開することに決めます。草餅作りは彼にとって過去の大切な想い出と繋がっているものであり、これを再開することは彼自身の再生を象徴しています。すみれ、宗春、そして彼らを取り巻く人々のそれぞれの想いが複雑に絡み合い、物語は感動的な結末へと向かいます。

すみれは最後に、自分の過去と向き合いながら、新たな未来に踏み出す決意を固めます。彼女は詐欺師としての過去を捨て、本物の愛を見つけるための新たな一歩を踏み出します。宗春もまた、自分自身を見つめ直し、草餅作りを通じて新たな人生を歩み始めます。彼らの成長と変化が描かれる中で、視聴者は彼らの物語に深く感動し、共感を覚えることでしょう。

『ミス・ターゲット』は、朝倉すみれが詐欺師から普通の女性へと変わっていく姿を描きながら、真実の愛を探し求める姿をコミカルかつ感動的に描いた作品です。視聴者は、すみれの決断と新しい人生の始まりに胸を打たれ、彼女の未来にエールを送ることとなるでしょう。

私は朝倉すみれ。これまで、数々の悪い男たちから大金を巻き上げてきた結婚詐欺師

私は朝倉すみれ。これまで、数々の悪い男たちから大金を巻き上げてきた結婚詐欺師として生きてきました。私の手口は巧妙で、多くの人を欺いてきたけれど、そんな生活にもついに終止符を打つ時が来たのです。

ある日、突然、私は詐欺から足を洗い、本気で結婚相手を探す決意をしました。私の新たな挑戦が始まり、婚活という未知の世界に飛び込んだのです。その過程で、私は多くの人と出会い、そして別れを経験しました。

最終話の出来事は、私にとって忘れられないものでした。私を襲撃から守ってくれた村松宗春さんが大怪我を負ってしまったのです。彼は命の危険にさらされ、緊急手術を受けました。私は彼の意識が戻るまで病院で見守っていましたが、彼の目が覚めたことを確認した後、病院を後にしました。その時、竜太郎さんに出会い、「宗春に近づくな」と厳しく言われてしまいました。彼の言葉は私を一瞬怯ませましたが、私は自分の決意を揺るがせることはありませんでした。

宗春さんは、玉木萌さんの献身的な看病のおかげで順調に回復していきました。一方、私は自分の気持ちを整理しようとしていました。そんな時、轟武蔵さんが謝罪に来てくれて、改めて愛の誓いをしてくれたのです。彼は「草津にある実家の温泉宿で一緒に働かないか」と私に誘いの言葉をかけてくれました。彼の一途な想いと真剣な眼差しに触れ、私は深く考えました。轟さんは「返事は来世まででも待つ」と言ってくれ、その誠実さに心を動かされました。

私はある決断を下しました。過去の詐欺師としての自分を捨て、真実の愛を見つけるために新たな一歩を踏み出すことを決めたのです。一方で、宗春さんもまた、新たな決意を胸に秘めていました。彼はかつて封印していた草餅作りを再開することにしました。彼にとって草餅作りは、過去の大切な想い出と繋がるものであり、新しい人生の象徴でした。

私と宗春さん、そして私たちを取り巻く人々のそれぞれの想いが複雑に絡み合い、物語は感動的な結末へと向かいました。私が下した決断は、私自身の成長と変化を象徴しており、これから始まる新しい人生に向けた大きな一歩でした。

『ミス・ターゲット』は、私が詐欺師から普通の女性へと変わっていく姿を描きながら、真実の愛を探し求める物語です。視聴者の皆さんには、私の決断と新しい人生の始まりに共感していただき、応援していただければ幸いです。私の未来がどんなものであれ、私はもう一度、自分の人生をやり直す決意を固めました。これからも、真実の愛を求めて、前に進んでいきます。

『ミス・ターゲット 』8話ネタバレ!最終回 まで2024年6月9日放送

ミス・ターゲット7話振り返り

第7話では、結婚詐欺師の朝倉すみれ(松本まりか)が、村松宗春(上杉柊平)との模擬挙式の最中に逮捕されるという衝撃的な展開が描かれました。すみれは警察の取り調べに応じますが、宗春との関係についてはただのターゲットだと主張します。この事実を受け入れられない宗春は茫然自失の状態でしたが、友人たちに支えられ、少しずつ現実を受け入れていきます。

すみれには懲役3年の刑が下されました。出所を待とうとする玉木萌(鈴木愛理)に対し、師匠の馬淵弥生(筒井真理子)は「私たちのことは忘れなさい」と厳しく告げ、萌を店から追い出します。こうして第7話は、すみれの出所後の展開を予感させる終わり方となりました。

ミス・ターゲット8話ネタバレあらすじ

すみれと轟の関係

昔、すみれは轟(とどろき)という人からお金をだまし取ったことがありました。これで轟はすみれに対して強い恨みを抱くようになりました。轟はその恨みを晴らそうと、すみれを傷つけるために色々と悪いことを計画しました。その結果、轟はすみれを攻撃しようとして失敗し、刑務所に入ることになりました。

刑務所から出てきた轟は、すみれに復讐するだろうとみんなが思っていました。しかし、轟は驚くべき行動をとります。彼はすみれに対して「あなたのおかげで、人を愛する素晴らしさを知りました。ありがとうございます」と言って頭を下げました。轟は過去の恨みを捨て、すみれを許したのです。そして、自分も新しい人生を生きることを決心しました。轟は、悪い記憶よりも良い記憶に焦点を当てることで、前向きに生きることの大切さを学んだのです。

宗春の苦悩

宗春(そうしゅん)はすみれのことが大好きでした。彼はすみれと一緒に過ごした時間がとても楽しくて、幸せな思い出がたくさんありました。しかし、ある日宗春はすみれが結婚詐欺師(けっこんさぎし)だということを知ってしまいます。結婚詐欺師というのは、人をだましてお金を取る悪い人のことです。宗春はその事実を知って、とてもショックを受けました。彼は和菓子を作るのが大好きでしたが、そのショックで和菓子が作れなくなるほど落ち込んでしまいました。

宗春は、「すみれさんのことを嫌いになれたら楽だったのに」と悩みました。でも、すみれが笑顔で和菓子を食べてくれたことや、「この美味しい和菓子をたくさんの人に食べてほしい」と言ってくれたことなど、良い思い出がたくさんあったので、すみれを嫌いになることができませんでした。彼はすみれに対する感情を整理できず、心の中で苦しんでいました。

萌の苦悩

すみれが刑務所にいる間、宗春がとても落ち込んでいたときに支えていたのは萌(もえ)でした。萌は宗春に「和菓子を作れないなら、美味しい和菓子を食べるところから始めましょう」と言って、少しずつ元気を取り戻させました。宗春と一緒に少しずつ歩いてきた萌のおかげで、和菓子屋「和月堂(わげつどう)」は大きな成功を収めることができました。

しかし、宗春はすみれのことを忘れられず、重要な仕事よりもすみれを優先しました。宗春がケガをして目を覚ましたとき、真っ先に「すみれさん?」と名前を呼びました。これを聞いた萌は、「好きになっちゃいけない人を好きになってしまった」と悲しくなります。萌はすみれのことが大好きで、すみれの魅力(みりょく)をよく知っていたので、自分がすみれに勝てないと感じていました。そのため、宗春のことを好きになりたくなかったし、出所したすみれと正々堂々と戦う勇気もありませんでした。

茶野の攻撃と宗春のケガ

すみれを恨んでいた轟の部下、茶野(ちゃの)は「すみれさえいなければ、轟は元に戻る」と考え、すみれを殺そうとしました。そのとき、宗春がすみれを助けようとして重傷(じゅうしょう)を負ってしまいました。宗春はすぐに病院に運ばれ、手術を受けました。幸い、宗春は一命を取り留めることができましたが、萌はとても心配していました。彼女は宗春を支えてきたことから、宗春のことを大切に思っていましたが、宗春がすみれのことばかり考えているため、複雑な気持ちを抱いていました。

最終回への期待

ドラマは次の最終回で、登場人物たちがどのように自分の道を見つけるのかが描かれます。それぞれが抱える悩みや感情をどう解決していくのかが楽しみです。登場人物たちが自分に合った道を見つけ、幸せになることを期待しています。このお話は、悪い記憶よりも良い記憶を大切にすることで、前向きに生きることの大切さを教えてくれます。

登場人物たちがどのように成長し、最終的にどのような選択をするのかを見守りたくなることでしょう。

  • ABCテレビ
  • 2024年4月から放送
  • 日曜夜10時の新ドラマ
  • 松本まりかさん主演。『ミス・ターゲット』

ミス・ターゲット』の7話ネタバレ・あらすじをお届けします。

ミス・ターゲット第7話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット第7話あらすじネタバレ

公式サイトより

村松宗春(上杉柊平)との模擬挙式の最中、竜太郎(沢村一樹)に逮捕された朝倉すみれ(松本まりか)は、取り調べには応じるものの、宗春との関係についてはあくまでもただのターゲットだと主張。一方、宗春は茫然自失ながら、稲垣謙(川西賢志郎)らに支えられ、自分が愛したすみれが、父が長年追い続けてきた結婚詐欺師のミス・ターゲットであった事実を、少しずつ受け入れていく…。
すみれには懲役3年の刑が下る。玉木萌(鈴木愛理)は、馬淵弥生(筒井真理子)とともにすみれの出所を待とうとするが、弥生はそれを拒絶。「私たちのことは、忘れなさい」と告げ、萌を店から追い出す。
そして3年後、刑期を終えたすみれを出迎えたのは…。

ミス・ターゲット第7話感想と考察

放送後に!

ミス・ターゲット第6話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット 6話 あらすじ

朝倉すみれ(松本まりか)は、素性を隠し続ける罪悪感に耐えられなくなり、身の破滅を覚悟の上で、自分が結婚詐欺師であることを村松宗春(上杉柊平)に告げる。しかし、宗春の顔には予想外にも笑みが…? なんと宗春はすみれの言葉を下手な嘘と解釈。すみれと一緒にいたいとの気持ちに微塵の揺らぎも見せず、すみれが用意した金で店を存続させると笑顔で約束する。その金が、“奈々”を騙るすみれが結婚詐欺で轟武蔵(八嶋智人)から奪ったものとも知らずに…。
そんな宗春を、稲垣由衣(田中真琴)がデートに誘う。由衣は、宗春がすみれに思いを寄せていると知りながら、改めて宗春に告白。
一方、竜太郎(沢村一樹)の捜査の手は、着実にすみれに迫っており…。

公式サイトより

ミス・ターゲット 6話 ネタバレと考察

ネタバレは放送後に。

ミス・ターゲット第5話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット 5話 あらすじ

第5話では、朝倉すみれと村松宗春の関係が一層複雑になります。前回、宗春がすみれに告白し、彼女から「あなたのことは好きになれない」と言われたことで、二人の関係は冷え込んだままです。宗春はその言葉に深く傷つき、和菓子作りにも集中できず、心の中は混乱している状態です。

すみれは、自分の気持ちを整理しようと努力しつつも、宗春の存在が頭から離れません。彼女は結婚詐欺師としての過去と、純粋な恋愛への憧れの間で揺れ動き、自分の感情をどう扱うべきか悩んでいます。この複雑な心境の中、すみれは富裕層との出会いを求めて婚活パーティーに参加しますが、心のどこかで宗春のことを考えてしまい、本当の意味で新たな出会いに集中できません。

一方、宗春の元恋人である由衣がパリから帰国し、宗春との再会を果たします。由衣はパティシエとしての修行を終え、再び宗春とやり直したいと強く願っています。由衣は宗春に対して真剣な思いを持っており、彼を支えようと努力します。この再会が宗春の心にどのような影響を与えるのかが注目されます。

この回では、宗春の友人である稲垣謙が彼を励ますために動き出します。稲垣は宗春を元気づけるために婚活パーティーのチケットを用意し、彼を無理やり参加させます。宗春は渋々ながらも参加し、パーティーで多くの女性と交流します。しかし、心の中ではすみれのことが気になって仕方がありません。

婚活パーティーの最中、すみれと宗春は偶然再会します。二人は一瞬驚きますが、すみれは宗春に対して冷たい態度を取ります。宗春もまた、すみれとの距離をどう縮めるべきか悩みます。しかし、この再会が二人の心に再び火を灯すきっかけとなります。

また、警察が詐欺師が婚活パーティーに参加しているという情報を入手し、宗春の父である村松竜太郎が現場に向かいます。竜太郎はすみれが結婚詐欺師であることを疑っており、彼女を捕まえようと躍起になります。このシーンでは、すみれが警察に追われる緊迫感が描かれます。

第5話は、すみれと宗春の複雑な感情と、由衣の積極的なアプローチ、そして警察の捜査が交錯する中で進展していきます。すみれが宗春に対して本当の気持ちを認めることができるのか、宗春がすみれへの思いをどう整理するのか、視聴者の期待が高まる展開となっています。

ミス・ターゲット 5話 ネタバレと考察

第5話のネタバレでは、すみれと宗春、そして由衣の三角関係がさらに深まる様子が描かれます。まず、すみれは宗春に対する未練を断ち切ろうと努力しますが、彼への思いが強くなっていく自分に気づきます。婚活パーティーに参加したすみれは、新たな出会いを求めますが、宗春のことが頭から離れず、どの男性とも真剣に向き合うことができません。この葛藤は、すみれが自分の感情と向き合うための重要なステップとなります。

一方、宗春もまた、すみれの言葉に傷つきながらも彼女を忘れようとしますが、由衣の再登場によってさらに混乱します。由衣は宗春に対して真剣な気持ちを持っており、彼を支えようと積極的に行動します。由衣の登場により、宗春は彼女との過去の関係を見つめ直すことになりますが、その一方で、すみれへの未練も捨てきれません。この三角関係は、視聴者にとって非常に興味深い展開を提供します。

また、すみれが自分の過去と向き合い、変わろうとする姿が描かれます。すみれはこれまで結婚詐欺師として多くの男性を騙してきましたが、宗春との出会いをきっかけに、自分の行動を反省し、純粋な愛を求めるようになります。この変化は、すみれが過去の自分を乗り越え、新たな人生を歩むための重要な一歩です。

警察の捜査が進む中で、すみれが詐欺師であることが明らかになりそうな場面もあります。宗春の父である竜太郎が現場に到着し、すみれを捕まえようとする緊迫したシーンでは、すみれが追い詰められる様子が描かれます。しかし、すみれは巧妙にその場を切り抜け、再び宗春との関係を考え直します。

第5話の考察としては、すみれと宗春の関係が再び動き出す可能性が高いです。すみれが宗春に対して本当の気持ちを認めることができるかどうか、宗春が由衣との関係をどう整理するかが物語のキーとなります。また、警察の捜査がどのように展開し、すみれの過去がどのように明らかになるかも注目ポイントです。

このように、第5話はすみれと宗春、そして由衣の三角関係や警察の捜査が交錯する中で、物語が大きく動き出すエピソードとなっています。視聴者は、登場人物たちの複雑な感情や行動に注目しながら、次の展開を楽しみに待つことができるでしょう。

ミス・ターゲット第4話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット 4話 あらすじ

第4話では、朝倉すみれと村松宗春の関係がさらに複雑になります。すみれは宗春から突然の告白を受け、彼に抱きしめられますが、その瞬間に驚きと戸惑いが交錯します。彼女は「あなたのことは好きになれない」と冷たく囁き、その場を去ります。宗春は彼女の言葉に深く傷つき、心の中で彼女への思いを抱えたまま、和菓子作りに集中しようとしますが、うまくいきません。

一方、パリでのパティシエ修行を終えて帰国した宗春の元恋人、由衣が登場します。由衣は宗春の落ち込んだ様子を見てすぐに異変を察知し、彼を支えるために動きます。宗春は由衣の優しさに触れ、少しずつ心を開いていきますが、心の奥底ではまだすみれのことが引っかかっています。

その頃、すみれは宗春との関係を断ち切ろうと努力しますが、心の中では宗春への思いが消えずに苦しんでいます。彼女は友人の玉木萌に助けを求め、二人で婚活パーティーに参加しますが、宗春のことが頭から離れません。

宗春の友人である稲垣謙も、宗春を元気づけようと色々と試みます。彼は宗春に、和菓子作りに集中することで気持ちを紛らわせるようにアドバイスしますが、宗春の心の傷は深く、なかなか立ち直れません。

第4話は、すみれと宗春、そして由衣の三角関係が大きなテーマとなり、視聴者に緊張感と期待感を持たせる展開となっています。

ミス・ターゲット 4話 ネタバレと考察

第4話では、宗春の突然の告白に対するすみれの冷たい反応が大きなポイントです。すみれは「あなたのことは好きになれない」と宗春に言い放ちますが、これは彼女自身が持つ恐れや不安からくるものであり、真実の気持ちを隠そうとしているように見えます。すみれが宗春に対して抱く感情は複雑で、彼女が過去の結婚詐欺師としての自分と向き合いながら、新たな道を模索していることがうかがえます。

一方、パリから帰国した由衣の登場は物語に新たな波乱をもたらします。由衣は宗春の心の支えとなる存在ですが、その存在がすみれにとって新たな障害となります。由衣の登場は、宗春に対するすみれの気持ちをより一層揺さぶることになります。由衣の優しさと献身が宗春を癒す一方で、すみれの心には新たな葛藤が生まれます。

また、稲垣謙のサポートも重要な要素として描かれています。彼は宗春を励まし、和菓子作りに専念するようアドバイスしますが、宗春の心はまだすみれに向かっています。稲垣の存在は宗春にとって心強いものであり、彼がどのように宗春を支えていくのかも注目されます。

このように、第4話ではキャラクター同士の複雑な感情の絡み合いが描かれ、視聴者に深い印象を与えます。今後の展開では、すみれが自分の気持ちに正直になれるのか、宗春と由衣の関係がどう変化するのかが見どころです。また、すみれの成長と変化がどのように描かれるのかにも注目です。

すみれが宗春への思いを断ち切るためにどのような行動をとるのか、宗春がすみれへの気持ちをどう処理するのか、そして由衣が二人の関係にどのような影響を与えるのか、視聴者は目が離せません。第4話の終わりに見せたすみれの涙は、彼女が自分の感情に素直になることを示唆しており、今後の展開に期待が高まります。

ミス・ターゲット第3話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット 3話 あらすじ

第3話では、主人公の朝倉すみれと村松宗春の関係がさらに深まります。和菓子職人の宗春はすみれに突然告白し、すみれも彼に対して少しずつ心を開き始めます。しかし、宗春の父が刑事であることを知ったすみれは、一度宗春から距離を置くことを決意します。

すみれは宗春を忘れようと婚活パーティーに参加しますが、そこでも偶然宗春に再会してしまいます。二人はそれぞれ別の相手とマッチングしますが、心の中ではお互いを意識しています。そんな中、警察が婚活パーティーに突入し、宗春の相手が「ちょうだい女子」という詐欺師であることが発覚します。

すみれは宗春を助けるため、ちょうだい女子と対峙します。宗春の誠実な言葉にちょうだい女子も改心し、すみれと宗春の関係は一歩進むように見えます。しかし、宗春の元恋人・由衣が帰国し、物語はさらに複雑になっていきます。

ミス・ターゲット 3話 ネタバレと考察

第3話では、朝倉すみれと村松宗春の関係が大きく進展します。宗春の告白により、すみれも彼に対する気持ちを認識しますが、彼の父が刑事であるという事実が大きな壁となります。この設定により、すみれは宗春から距離を置くことを決めますが、それがかえって二人の心の絆を強める結果となります。

また、婚活パーティーのシーンでは、すみれが「ちょうだい女子」との対決を通じて、宗春を守るために行動する姿が描かれます。これにより、すみれのキャラクターが単なる詐欺師から、他人を助けることができる人物へと成長していることが示されています。

さらに、宗春の元恋人・由衣の帰国が新たな波乱を予感させます。由衣の存在が宗春とすみれの関係にどのような影響を与えるのか、今後の展開に期待が高まります。このように、第3話は二人の関係を中心に物語が進展し、新たなキャラクターの登場により物語がさらに複雑になることが予想されます。

これまでのエピソードと比べても、緊張感と感情の起伏が一層強まり、視聴者を引き込む展開となっています。すみれの成長と宗春との関係の行方に注目が集まります。

ミス・ターゲット第2話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット第2話あらすじ

『ミス・ターゲット』の第2話では、主人公の朝倉すみれが過去の結婚詐欺師としての生活から脱却し、真剣な婚活を開始する過程を追います。すみれはこれまでの生活を一新し、真実の愛を求める決意を固めます。彼女の興味が集中するのは、村松宗春という名前の和菓子職人です。宗春はその手作りの和菓子で地域社会に貢献し、周囲からも好評を得ている人物です。

初めてのデートでは、すみれは宗春に「あなたの幸せ、どんなものか見てみたいんです」と告げ、彼の日常と価値観を知ることに興味を持ちます。宗春の生活は質素であり、金銭的な豊かさよりも職人としての充実感を重視していることから、すみれは自身の価値観と照らし合わせ、何が本当の幸せなのかを問い直すことになります。

ミス・ターゲット第2話ネタバレ

詳細なネタバレとして、第2話ですみれと宗春はより深い絆を築きつつありますが、すみれの過去が彼女の前に立ちはだかります。すみれが宗春との関係を深める中で、彼女は自らの過去を隠して新たな人生を歩もうとしますが、過去の行動が現在に影響を及ぼすことに気づきます。

デートの際、宗春はすみれを自らの仕事場に招き、和菓子作りの工程を見せることで彼の日常と情熱を共有します。この体験が、すみれにとって非常に新鮮な刺激となり、彼女の中で新たな感情が芽生えるきっかけとなります。しかし、宗春の単純で純粋な生活がすみれには新しくもあり、複雑な感情を引き起こします。

デート後、宗春からの思いがけない連絡により、すみれは自分の感情と直面することになります。宗春はすみれに対し、「あなたともっと時間を共有したい」という願いを伝えますが、すみれは自分の過去と現在の感情のギャップに戸惑いを隠せません。このエピソードは、すみれが自身の内面と向き合い、本当に求めるものが何かを理解する過程を描いています。

最終的に、すみれは宗春に対して正直になる決断を下し、彼女の過去と現在の自分を受け入れることを試みます。この決断が、二人の関係にどのような影響を与えるのかが、今後の物語の中心的なテーマとなります。このエピソードを通じて、すみれは自己受容の重要性と、過去を乗り越えて未来を築く勇気について学んでいくことに。

ミス・ターゲット第1話あらすじネタバレ考察

ミス・ターゲット第1話あらすじ

『ミス・ターゲット』の物語は、松本まりかさん演じる主人公、朝倉すみれの複雑な日常から幕を開けます。すみれは特定のターゲットに結婚詐欺を行うプロフェッショナルですが、彼女の獲物は通常、社会的な立場や資産を持つが、その行いは非道徳的な男性たちです。第1話は、すみれが最新のターゲット、ある闇金業者を手玉に取る様子を描いています。

このエピソードでは、すみれが「奈々」という偽名を用いて闇金業者の轟武蔵(演:八嶋智人)に近づきます。彼女は轟を誘い出し、彼の信頼を巧みに操りながら、彼から大金を騙し取る計画を実行に移します。操作の過程で、すみれは轟の心理を巧みに操り、最終的に彼を完全に信じさせ、彼からの資金を確保します。この成功を通じて、彼女の詐欺師としての腕前が改めて証明されますが、彼女の内面では重要な変化が起こり始めています。

すみれは、詐欺師としての人生に疑問を感じ始め、もっと真実の愛や充実した生活を望むようになります。彼女のこの変化は、母親の命日に訪れる自己反省の瞬間により加速されます。母の死によって感じる虚無感と、自らの行動の意味を問い直すことで、すみれは大きな決断を下します。彼女は結婚詐欺師としての生活を捨て、新たな人生を歩むことを決意します。その象徴として、すみれはマッチングアプリに登録し、真剣な婚活を開始するのです。

ミス・ターゲット第1話ネタバレ

第1話のクライマックスに向けて、物語はすみれが結婚詐欺師としてのキャリアを終える決意を固めるシーンへと進展します。彼女は真の幸せと愛を見つけるために、本気で婚活を始めると公言します。この新たな挑戦は、彼女にとって未知の領域であり、多くの困難が予想されますが、すみれは前向きに取り組みます。

その一環として、彼女は和菓子職人の村松宗春(演:上杉柊平)とマッチングし、彼とのデートを経験します。宗春は、すみれがこれまでに関わってきたどの男性とも異なる、純粋で誠実な心を持つ人物です。二人のデートは予想外のトラブルに見舞われますが、それが二人の距離を縮めるきっかけとなります。しかし、デートの最後に流れるナレーションは、物語に一転して不穏な雲行きをもたらします。

キャスト&スタッフ

  • 出演
  • 松本まりか
  • 上杉柊平
  • 鈴木愛理
  • 川西賢志郎
  • 八嶋智人
  • 筒井真理子
  • 沢村一樹
  • 脚本政池洋佑
  • 音楽富貴晴美
  • プロデューサー山崎宏太 南雄大山本喜彦 神通勉 小路美智子(MMJ)
  • 演出植田尚 日暮謙 近藤幸子
  • ロゴ・イラスト木村耕太郎
  • ビジュアル寺内暁
  • 制作協力MMJ
  • 制作著作ABCテレビ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

もくじ