くる恋くるり正太郎の正体を考察

くる恋くるり正太郎の正体を考察します!

もくじ

くる恋くるり正太郎の正体を考察

公太郎の告白

火曜ドラマ「くるり~誰が私と恋をした?~」の第9話が6月4日に放送された。俺、西公太郎(瀬戸康史)は、この物語の中心にいる人物の一人。まこと(生見愛瑠)との関係が複雑に絡み合う中で、物語が進展している。


公太郎の過去

まことと俺は特別な関係にあった。俺は彼女にとっての「元カレ」だと自称しているが、まことは事故で記憶を失い、その関係を覚えていない。まことが俺を覚えてくれないことに対する焦りと不安が募るばかりだ。

記憶のフラッシュバック:
ある夜、まこととの「花びらキス」がきっかけで、彼女の記憶が部分的に戻る。だが、彼女が思い出したのは、俺との関係ではなく律(宮世琉弥)との関係だった。水族館でのキスシーンが蘇り、彼女は律と付き合っていたことを思い出す。俺の心は揺れ動くが、彼女の記憶が戻る過程を見守るしかない。

視聴者の反応:
SNSでは、「ここで律が来るとは予想外」「まさか律が彼氏だったなんて」といった驚きの声が飛び交っている。一方で、俺がストーカーではないかという憶測が広まり、「公太郎がストーカー?」「そんなはずない」という声も多い。

複雑な心境:
まことの記憶が戻らない中で、俺の心には不安と疑念が募る。ある夜、まことの家を訪ねることにした。彼女の前に立ち、冷たい視線を向ける。彼女の記憶が完全に戻るまで、この苦しい状況が続くことを覚悟している。

公太郎の怪演:
エピソードの最後で、俺がまことの家を訪ねたシーンが視聴者に強い印象を与えた。「急に怖い顔になる公太郎が怖すぎる」という反応が多く、俺の演技が評価されている。視聴者の中には、「公太郎がストーカーなんてありえない」「この展開は予想外だ」という声がある。

今後の展開:
俺の正体やまこととの関係がどのように明らかになるのか、視聴者の注目が集まっている。まことが俺との記憶を思い出し、本当の関係が明らかになる日を心待ちにしている。視聴者は、次回の放送を楽しみにしている。

新しい火曜ドラマ「くるり~誰が私と恋をした?~」の第9話が6月4日に放送されました。主演の生見愛瑠が演じる主人公・まことが、記憶を失ってから自分自身や恋の相手を探す物語です。彼女の周りには、指輪が手掛かりとなる3人の男性が登場します。

ドラマの概要:
まこと(生見愛瑠)は、プライベートでも会社でも目立たないように生きてきた24歳の女性です。しかし、ある夜の事故で記憶を失ってしまいます。記憶を失ったことで、彼女の世界が一変し、自分らしさを探す旅が始まります。物語は、元カレ・男友達・運命の相手として3人の男性キャストが登場し、彼らがまことの記憶の鍵となる指輪を持っています。

主要キャスト:

  • 緒方まこと(生見愛瑠): 主人公。記憶喪失になり、自分探しを始める。
  • 西公太郎(瀬戸康史): 自称元カレ。まことの記憶の一部となるが、正体に謎が多い。
  • 朝日結生(神尾楓珠): まことの同僚で唯一の男友達。
  • 板垣律(宮世琉弥): 自称運命の相手。まことの記憶の中で重要な存在。

第9話の展開:
まことが公太郎との「花びらキス」シーンをきっかけに新たな記憶を思い出します。彼女が水族館でキスをしていた相手は公太郎ではなく律であったことが明らかになります。この展開により、視聴者は驚きと興奮を隠せません。

視聴者の反応:

  • SNSでは「ここで律が来るのは驚き」といった反応が多く、視聴者は律がまことの元カレであったことにショックを受けています。
  • 一方で、まことが公太郎との記憶を思い出せないことから、公太郎がストーカーではないかという説が浮上。視聴者からは「公太郎がストーカー?」「無理無理無理」という声が多く上がっています。

公太郎の怪演:
エピソードの最後で、公太郎がまことの家を訪ね、彼女を見つめるシーンがあります。その時の公太郎の冷たい表情に視聴者は恐怖を感じ、「急に怖い顔になるのが怖すぎる」といった反応が続出しました。公太郎役の瀬戸康史の演技が高く評価されています。

今後の展開:
この急展開により、次回の放送が待ちきれないという声が多く上がっており、SNSではさまざまな推測が飛び交っています。公太郎の正体やまことの記憶の真実がどのように明らかになるのか、視聴者の注目が集まっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

もくじ